お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒田観音寺 (滋賀県長浜市木之本町) 平安初期の<重文>千手観音立像

<<   作成日時 : 2011/10/30 12:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

秀吉の参謀・黒田官兵衛の祖先が出た木之本町黒田の山裾に
ポツンと建つ黒田観音寺は奈良時代に行基によって開創された
と伝えられるが詳細は不詳である。
本尊千手観音は伝教大師最澄の作ともいわれ、平安時代初期の
貴重な仏像である。
瀬戸内寂聴も愛する仏像といわれている。
准胝観音ともいわれるが、地元の人達に護持されてきた千手観音
である。
無住のため集落の人達により管理され、拝観は観光協会などに
予約すれば可能である。

境内には黒田氏の供養塔もあり、池を配した憩いの場が設けられている。

(1)寺名:黒田観音寺(くろだかんのんじ)<正式名:観音寺>
(2)住所:滋賀県長浜市木之本町黒田1811
(3)山号:霊贋山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:行基 (6)開創:奈良時代前半 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)千手観音立像:重要文化財 平安時代初期 像高199cm

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

黒田観音寺 (滋賀県長浜市木之本町) 平安初期の<重文>千手観音立像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる