林正寺 (長野県長野市松代町) 新劇女優・松井須磨子の故郷

松井須磨子は1886年現在の長野市松代町清野で9人兄妹の末っ子で
生まれ、1902年上京し1909年最初の新劇女優となり、1913年
トルストイの<復活>でカチューシャ役が大ヒットし<カチューシャの唄>
が一躍有名になる。
1918年不倫関係にあった島村抱月が亡くなると、翌年自殺している。

松代町清野の山麓にある林正寺には松井須磨子の演劇碑があり、
須磨子を偲んでいる。
林正寺の本堂と表門は、松代藩2代藩主真田信政の霊屋と表門であり、
1952年長国寺(松代藩主真田家の菩提寺)から移設している。

<長野県のお寺一覧>

(1)寺名:林正寺(りんしょうじ) 
(2)住所:長野県長野市松代町清野947
(3)山号:真光山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:1550年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本堂・表門:県指定文化財 1660年 
2)松井須磨子関連資料
3)訪問日:2011年5月5日

画像
                  全景

画像
                  参道

画像
                  表門

画像
                表門の蛙股

画像
                  本堂