鰐淵寺 (島根県出雲市) 出雲の名刹

鰐淵寺は、594年智春上人が推古天皇の眼疾を浮浪滝で祈って
平癒したことから、天皇の勅願で開創されたと伝えられている。
その浮浪滝は鰐淵寺本坊から谷川を20分ほど登った所にある
らしいが、訪問当日は雨の直後でもあり寺の方のご意見もあり
断念し登ることができず残念。
平安時代は修行道場として大いに栄え、松江誕生伝説の武蔵坊弁慶
も18歳から3年間修業したと伝えられている。
弁慶に関わる遺品が残されているらしい。

平安時代末期には別のお寺と合併し、それまでの本尊千手観音
と合併したお寺の本尊薬師如来を両方本尊としている。
鎌倉時代に入り、出雲大社との関係が深まり、大社の別当寺にも
なる勢いであったらしい。
1333年後醍醐天皇が隠岐に流される折に、天皇の願文を賜り、
現在も残っている。

17世紀に入る頃、出雲大社との関係も疎くなり衰退していったといわれる。
現在の鰐淵寺は往時の繁栄はないが、名刹としての寺格を保ち、往時の
文化財が多く残る文化財宝庫である。
緑深い清々しい空気の流れと、秋の紅葉が多くの人を引き付けている。
再度訪問し、是非浮浪滝へ。

(1)寺名:鰐淵寺(がくえんじ) (2)住所:島根県出雲市別所町148
(3)山号:浮浪山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:智春 (6)開創:594年 (7)本尊:千手観音、薬師如来
(8)その他
1)出雲国神仏霊場第2番
  中国三十三観音霊場第25番
2)主な仏像
  銅造観世音菩薩立像:重要文化財 692年 像高99cm
                白鳳仏像の基準作
  銅造観世音菩薩立像:重要文化財 奈良時代
  金銅如来形立像:県指定文化財 平安時代
  銅造不動明王像:市指定文化財 藤原時代
3)根本堂:市指定文化財 1577年
4)梵鐘:重要文化財 1183年 弁慶が大山寺から運んだという伝承
5)その他多数の文化財
  2005年に一部盗難に遭う 未発見6件

画像
                       仁王門

画像
                       鰐淵川

画像
                        本坊

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                       根本堂

画像
                       根本堂

画像
                        鐘楼

画像
                        梵鐘