康国寺 (島根県出雲市) 借景枯山水庭園

アメリカの庭園専門誌<Journal of Japanese Gardening>の2005年版で
第8位にランキングされた康国寺庭園は、旅伏山(たぶしさん412m)と
貯水池(錦鏡池)を借景に取り入れた枯山水の庭園で、松江藩主第7代
松平不昧の庭師・沢玄丹により1830年から3年半の歳月をかけて築かれた。
枯山水の白砂と池と山の木々が絶妙に調和し、日本庭園の真髄を
醸し出している。

康国寺は1322年三光国師を開山として地元の豪族・康国氏によって
開創された臨済宗の禅寺である。
拝観料もリーズナブルで良心的な対応を含めて是非拝観を。

(1)寺名:康国寺(こうこくじ) (2)住所:島根県出雲市国富町1301
(3)山号:大雲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:三光国師 (6)開基:康国氏
(7)開創:1322年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)聖徒明麟置文:県指定文化財 1420年

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        遠景

画像
                        山門

画像
                        本堂