各願寺 (富山県富山市婦中町) 越中の古刹

各願寺は、大宝年間(701~703年)に文武天皇の勅命により
仏性上人(天武天皇第七皇子)が開創し大いに栄えたと伝えられている。
1330年頃には比叡山延暦寺との抗争で衰微したが、江戸時代には
富山藩主の支援を受けて再興されている。
明治時代初期には廃仏毀釈により廃寺同然となるもその後再興され
今日に到っている。

4月第3日曜日に境内で行われる曲水の宴は平安時代に行われて
いたものを平成になって復活させた婦中の一大イベントである。

(1)寺名:各願寺(かくがんじ) (2)住所:富山県富山市婦中町長沢5692
(3)山号:北叡山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:仏性上人 (6)開創:701~703年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)不動明王像(画):市指定文化財 南北朝時代
2)寺領寄進状:市指定文化財 1674年
3)前田正甫 各願寺観花の詠:市指定文化財 江戸時代
4)曲水の宴:4月第3日曜日

画像
                       仁王門

画像
                        本堂

画像
                      弘法大師像

画像
                      曲水の宴場