一畑薬師<一畑寺> (島根県出雲市) 目のお薬師さま

<目のお薬師さま>として全国的にも知られる一畑薬師は、300mの
一畑山上にあり1164段の石段参道でも名を馳せている。
現在は、山上近くまで車道があり、参拝者も気軽に参拝できる。
1100年程前、漁師の与市が海中から薬師如来を引き上げ、その
薬師如来のお告げによって母親の目が開き、一畑山上にその薬師如来
を祀ったと伝えられている。
それ以来、目の病治癒の信仰が高まったといわれ、現在では全国から
参拝者がある。

宗派は臨済宗妙心寺派系の一畑薬師教団総本山として独立している。
境内は薬師堂を中心に伽藍が配置され、いろんな参拝者の行動に
配慮したアクセスが用意されている。
信仰のお寺そのものである。

(1)寺名:一畑薬師(いちばたやくし)<正式名:一畑寺>
(2)住所:島根県出雲市小境町803
(3)山号:医王山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派、一畑薬師教団総本山
(5)開山:補然(与市) (6)開創:894年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)出雲国神仏霊場第3番
  中国三十三観音霊場第26番
2)書院障壁画:県指定文化財 1815年
  阿弥陀三尊像(画):県指定文化財 朝鮮高麗
3)一畑文書:市指定文化財

画像
                        参道
                     <駐車場からの>

画像
                        参道

画像
                        法堂

画像
                        庭園

画像
                        境内

画像
                       薬師本堂

画像
                       観音堂