華蔵寺 (島根県松江市) 出雲国神仏霊場第7番

出雲国神仏霊場は、2008年出雲大社を第1番として20社寺を巡る
日本で最初の神仏習合霊場として設けられた。
華蔵寺はその第7番霊場で、枕木山(456m)山頂にある古刹で、
808年天台宗の智元上人によって開創された修行道場である。

境内へ到る参道を歩くのが本筋であるが、訪れた当日は雨で霞み、
本堂近くまで車で登る。
境内は雨雲に包まれ、幻想的な風景を呈し、古刹の趣が一層際立って
いた。
残念ながら参道の風景や絶景といわれる展望台からの眺望は雨雲に
遮られて全く望めず。

(1)寺名:華蔵寺(けぞうじ)<別称:枕木山> 
(2)住所:島根県松江市枕木町205
(3)山号:龍翔山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派
(5)開山:智元上人 (6)開創:808年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)市指定伽藍
  地蔵堂・鐘楼門・御成門:江戸時代
  御成りの間・茶室:江戸時代中期
2)薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高88cm
  日光・月光菩薩立像:市指定文化財
3)欄間:市指定文化財 江戸時代
4)枕木山:市指定名勝

画像
                     参道入口と地蔵堂

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                       薬師堂

画像
                       鐘楼門

画像
                        本堂

画像
                       開山堂