浄国寺 (奈良県橿原市) 鎌倉時代の石燈籠

橿原市の浄国寺は、寛永年間(1624~44年)に開創されたと伝えられているが、
明治時代初期に真言宗の長法寺と合併し長法寺となったが、その後再び浄国寺と
して浄土宗となっている。
現在は、旧長法寺の堂宇も残され、新しい本堂に阿弥陀如来が祀られている。

旧長法寺の開創は不明であるが、旧長法寺の石燈籠に1316年銘があることから
鎌倉時代の開創と推定されている。
鎌倉時代末期になると、石燈籠が六角形の形から四角形に変化するらしいが、
旧長法寺石燈籠はその変化の初期の石燈籠といえよう。

(1)寺名:浄国寺(じょうこくじ) (2)住所:奈良県橿原市一町1204
(3)山号:報土山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:1624~44年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
(8)その他
1)石燈籠:重要美術品 1316年
2)石造層塔:元は十三重石塔 高さ367cm

画像
                       山門

画像
                      大日堂
                   <旧長法寺本堂>

画像
                     大日堂絵馬

画像
                      石燈籠

画像
                      石造層塔