もくもく探索日誌 2011年5月7日 木曽路

朝7時に塩尻市のホテルを出て、木曽川沿いの木曽路(国道19号線)を
中津川へ南下。木曽路のもくもく探索は3年ぶりのこともあり、なつかしみ
も湧いてくる。
まずは木曽町日義へ向かう。朝早いこともあり順調に走行する。

画像
                      木曽川

木曽町日義は木曽義仲ゆかりの地で、<徳音寺>は義仲の菩提寺
である。義仲の墓所は大津・義仲寺にもある。
少し南下し、木曽福島の<大通寺>を訪れるが、お寺は中山道・福島宿の
真只中に存在。福島宿も整備され観光スポットとなっているようだ。

画像
                      徳音寺

画像
                      福島宿

画像
                      大通寺

更に南下し、大桑村の<妙覚寺>を経て、南木曽町へ向かう。
円空仏を所有する<等覚寺>で円空仏を拝観させてもらいたかったが、
残念ながらお留守。
ここで、国道19号線を反れて旧中山道の妻籠宿に向かう。
妻籠宿の中にある<光徳寺>を訪れるつもりが、車の通行禁止。
観光客が多いこともあり通行止めにしているようだ。
妻籠宿は歩くこともせず通過。

画像
                      妙覚寺

画像
                      等覚寺

妻籠から馬籠に向かう旧中山道沿いの県道を走る。
なかなかの道で、男女滝で一息入れタバコを一服。
ここで、旧中山道を歩いて踏破しようとする人に会い、その意気に
感ずる。
馬籠の島崎藤村の菩提寺<永昌寺>を訪れ、お墓に参る。
ここから帰路に着く。
長い4日間のもくもく探索であった。しかし、十分にその目的を達する。
満足満足。

画像
                     

画像
                       男滝

画像
                      永昌寺