もくもく探索日誌 2011年4月17日 近江富士周辺

古い石造物を求めて滋賀県湖南の近江富士(三上山)周辺の
探索に出る。

画像
                      近江富士

この地域には、何と言っても菩提寺山麓の<少菩提寺跡>に建つ
重文・石造宝塔が見逃せない。この宝塔は日本でも有数の美塔で
巨大な石塔であり、古さにおいても申し分ない。
また、その傍に安置された三体の石造地蔵菩薩や石造閻魔像も
見逃せない。
黄檗宗の菩提禅寺にも参拝。

画像
                      菩提寺山

画像
                    少菩提寺跡宝塔

画像
                   少菩提寺跡地蔵菩薩

画像
                      菩提禅寺

栗東市は金勝寺の別院が多く、その別院には古い石塔が多く存在する。
桜並木の県道信楽線を山裾まで進んだ山麓にある<成谷寺>を訪れたが、
残念ながら石塔が見つからず(無住)、<善勝寺>に向かう。
ここも無住であるが、仏足石と石造宝塔は探索でき、<徳生寺><福正寺>
を経て、市内の<正楽寺>に辿り着く。
これだけ多くの古石塔が残る湖南地域は日本でも数少ないといえよう。

画像
                      桜並木

画像
                      善勝寺

画像
                      福正寺

画像
                      正楽寺

野洲市に足を伸ばし、<宗泉寺>の石燈籠、<多聞寺>・<報恩寺>
の石塔を拝観する。
多聞寺の石塔は大事に管理され、古さが解らないほどに保たれている。

画像
                      宗泉寺

画像
                    多聞寺宝篋印塔

湖南市の近江湖南27名刹霊場の<南照寺><観音寺>へも立ち寄り、
帰路に着く。

画像
                      南照寺