蓮海寺 (滋賀県草津市) 俳諧の祖・山崎宗鑑の生誕地

琵琶湖が湖上海運に利用されていた頃、比叡山の対岸に位置する志那港
があった湖辺に建っていた蓮海寺の本尊・地蔵菩薩は水難除けの地蔵として
信仰を集めていたそうだ。

現在は、埋め立てをして湖岸道路が造られた関係で、湖岸道路の内側に
池が造られ、その辺に建っている。
地蔵堂が佇む風景は一幅の絵画を思わせる。

室町時代末期に俳諧の祖と呼ばれた連歌師・山崎宗鑑の生誕地と伝えられる
志那の地にちなんで句碑が建つ。
山崎宗鑑の句
   <元朝(がんちょう)のみるもにせん不二の山>

(1)寺名:蓮海寺(れんかいじ) (2)住所:滋賀県草津市志那町936
(3)宗派:浄土宗 (4)開山:最澄 (5)開創:不詳
(6)本尊:地蔵菩薩
(7)その他
1)本尊・地蔵菩薩立像:重要文化財 鎌倉時代 像高164cm

画像
                     地蔵堂遠景
                
画像
                       地蔵堂

画像
                    比良山系を望む

画像
                     山崎宗鑑句碑