もくもく探索日誌 2011年1月8日 知恩院から西本願寺へ歩く

天気予報では京都は1日中穏やかな日となるーーーー。
その通りの天候に恵まれ、今日は歩く探索にすることにした。
京都地下鉄東西線の東山駅を降りたのが10時前。
白川沿いに南へ下り、今日の穏やかな天候が期待できそうな感覚が
白川を泳ぐマガモの様子から沸き起こる。


知恩院の古門から両側に塔頭が並ぶ華頂道を黒門に向かってゆるやかな
坂道を穏やかな陽を浴びて。
黒門前から神宮道へ右折し、三門に向って軽快に歩を進める。
今年は、法然上人800年大遠忌で知恩院周辺はその準備であちこち整備が
進んでいる。
<冬の京都特別公開>の一環で、三門の内部拝観もあり久しぶりに三門拝観。
残念ながら三門上からの撮影が禁止されており、好天の京都展望を撮影
できず。(800円の拝観料が高い)

<知恩院>クリック参照

<法然上人の足跡とゆかりの寺>クリック参照


画像
                  <国宝>知恩院三門

男坂を上り御影堂(知恩院ではミエイドウと呼ぶ)の大広間で法話をお聞きする。
高齢者ばかりでなく、若人も多く参拝に訪れているのに一種の安堵感を覚える。


知恩院から円山公園に入り、八坂神社を参詣。初詣の人は相変わらず多い。


画像
                     八坂神社拝殿


四条通を西へ少し歩き、一力茶屋を左折し花見小路を南下。
残念ながら舞妓さんや芸妓さんには出合うこともなく建仁寺に入る。

<建仁寺>クリック参照

建仁寺塔頭・両足院が冬の京都特別拝観ということで庭園や寺宝を拝観。
ココは撮影OKというとで600円の拝観料も値打ちあり。
同じ塔頭・禅居庵の摩利支天を参拝し、強運を祈る。

<両足院>クリック参照

<禅居庵>クリック参照

ここから東本願寺に向かうが、未だ歩いたことのない通りを選んで歩いて行こう
と花街・宮川町通を南下。京都の五花街の一つ。
<京都五花街:上七軒、先斗町、祇園甲部、祇園東、宮川町>
ここで熊本から来られた人に<京都はいつもこんな穏やかな天候ですか>と聞かれ、
吾ながら今日の天候を喜ぶ。
五条通を西へ向かうが、ここでよく歩く冨小路通を南下し、上徳寺にお参りする。
世継ぎ地蔵にお参り。
東本願寺の名勝・渉成園の周りをまわって、正面通を西へ。東本願寺へ。

<上徳寺>クリック参照

<渉成園>クリック参照

親鸞聖人750回遠忌の年で東本願寺もその準備が着々と進行中。
御影堂(浄土真宗ではゴエイドウと呼ぶ)も改修なりその大きな姿は
久しぶりの姿である。
堂内にお参りし、あらためてその広さに驚く。

<東本願寺>クリック参照

画像
                    東本願寺御影堂

七条通を西に歩を進め、若宮通を北へ右折。正面通へ左折し西本願寺へ。
西本願寺も親鸞聖人750回遠忌の準備で境内も整備中。
阿弥陀堂・御影堂と堂内に上がりゆっくりと参拝させていただく。
驚くことに鐘楼が拝観できように塀が無くなり、その姿を久しぶりに拝見す。

<西本願寺>クリック参照

画像
            <重文>西本願寺御影堂・阿弥陀堂(右)


京都駅に歩き着いたのは午後3時半。今日はよく歩いたものだ。
京都駅では、<大河ドラマーー浅井三姉妹>のキャンペイン中。