立正寺 (山梨県甲州市勝沼町) 日蓮聖人ゆかりの寺

山梨県甲州市勝沼のブドウ畑の中に建つ立正寺は、702年役行者によって
開創されたと伝えられているが詳細は不詳である。
その後地蔵寺、胎蔵寺と呼ばれていたらしい。
文永年間(1264~74年)日蓮聖人が訪れ、立正安国論を法話し、
1276年には日法上人の法話によって日蓮宗の立正寺となったと言われている。

現在の本堂は1673年に再建されたもので、1733年の火災から難を
逃れている。
境内の周りには土塁などが残り、往時の大寺を偲ばせる。
また、江戸時代初期の両墓制・参墓(埋葬地と墓標が別々の場所)が残り
貴重な資料を残している。

(1)寺名:立正寺(りっしょうじ) (2)住所:山梨県甲州市勝沼町休息1713
(3)山号:休息山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:役行者 (6)開創:702年
(7)中興:日法 1276年 (8)本尊:十界曼荼羅
(9)その他
1)本堂:市指定文化財 1673年
2)山伏笈・箱伏:県指定文化財
3)史跡
  芭蕉句碑(1852年建立):<くたびれて宿かるころや藤の花>
  参墓:古くは1615年の墓塔など

画像
                       境内
                 写真の続きはココをクリック