恵林寺 (山梨県甲州市塩山) 武田信玄の菩提寺

山梨県甲州市塩山の恵林寺は、1330年鎌倉幕府の御家人であり甲斐牧庄領主・
二階堂貞藤(道蘊)が夢窓国師(疎石)を招いて自宅を禅寺として開創したと
伝えられている。
1305年にも二階堂貞藤は牧庄に夢窓国師を招いて浄居寺を開創し、国師に深い
帰依をしている。

応仁の乱で荒廃したが、武田信玄は快川禅師を美濃から招いて寺領を与え
再興している。(武田信玄の菩提寺)
1582年武田勝頼が天目山で自害後、恵林寺に逃げ込んだ六角氏を寺側は織田軍に
引き渡さず抵抗したことから焼打ちに遭い、その時快川禅師が三門上から詠んだと
言われている偈<安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し>
余りにも有名な言葉である。

織田信長が滅んだ後徳川家康の手で再興され、その後甲府藩主となった柳沢吉保
の支援を得て大いに栄えたと言われている。(柳沢吉保の菩提寺)

最近人気のパワースポットとして恵林寺の信玄公とその家臣の墓所もその一つらしい。
私が訪れた時も若い人たちが集まっていた。

<山梨県のお寺一覧>参照

(1)寺名:恵林寺(えりんじ) (2)住所:山梨県甲州市塩山小屋敷2280
(3)山号:乾徳山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:夢窓疎石(夢窓国師) (6)開基:二階堂貞藤
(7)開創:1330年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)武田信玄菩提寺、柳沢吉保菩提寺
2)重要文化財
  四脚門(赤門):桃山時代 檜皮葺
  太刀:鎌倉時代 銘来国長
  短刀:1369年 銘備洲長船倫光
3)庭園:国指定名勝 夢窓国師作庭
4)県指定文化財
  三門:室町時代 楼門
  夢窓国師坐像:鎌倉時代
  和漢朗詠集:室町時代
  恵林寺文書5点、孫子の旗、諏訪神号旗、不動明王二童子版木
  渡唐天神像(画)、柳沢吉保・定子関係史料
5)武田晴信(信玄)墓:県指定史跡
6)市指定文化財
  恵林寺文書8点、柳沢吉保坐像、柳沢家大名調度品など多数
7)柳沢吉保夫妻墓:市指定史跡

画像
                    <重文>赤門

画像
                       庭園
                 写真の続きはココをクリック