身延山久遠寺 (山梨県身延町) 日蓮宗総本山

久遠寺の寺域は広く、身延門前町を含めてどれくらいあるのだろうか。
大きく分けて、西谷(日蓮聖人草庵跡・廟所)・身延山山麓(本堂・塔頭など)・
身延山奥の院(身延山山頂)・七面山奥の院(七面山山頂付近)の四域に
なるだろう。
身延山山頂へはロープウェイがあるが、七面山山頂へは徒歩4~5時間の
行程となるそうだ。
<2010年の訪問では西谷と身延山麓のみ>

1274年鎌倉幕府の御家人で身延一帯の地頭であった南部実長の招きで
日蓮聖人は身延山に入り、西谷に草庵を築いた。
この草庵を拠点に、9年間身延山や七面山に登り修行・布教・弟子育成に
と勤め、1982年両親の墓参のために山を下り、その途次池上本門寺で
亡くなっている。

<池上本門寺>参照

西谷・身延山麓の境内は隅から隅まで清掃が行き届き、総本山の
寺格が満ち満ちており、全ての人を受け入れる空気が流れている。
日蓮聖人が最期の遺言として残した
<いずくにて死に候とも 墓をば身延の沢にせさせ候べく候>
が今も受け継がれて身延に生きている。
なお、1875年の火災で全伽藍が焼失したが、再建で現在の姿がある。

<日蓮聖人生誕地 誕生寺>参照
<日蓮聖人出家 清澄寺>参照

(1)寺名:久遠寺(くおんじ) (2)住所:山梨県身延町身延3567
(3)山号:身延山 (4)宗派:日蓮宗総本山
(5)開山:日蓮聖人 (6)開基:南部実長
(7)開創:1274年 (8)本尊:三宝尊
(9)その他
1)国宝
  夏景山水図:中国13~14世紀 東山御物の一つ
2)重要文化財
  釈迦八相図:鎌倉時代
  宋版礼記正義:中国北宋時代
  本朝文粋:平安時代
3)主な県指定文化財
  梵鐘:中世
  朝鮮鐘:鎌倉時代
  刺繍十六羅漢像:中国明代
 など
4)日蓮聖人草庵跡:県指定史跡
5)千本杉:県指定天然記念物
6)参考
  身延町のブッポウソウ繁殖地:国指定天然記念物
7)塔頭40数ヶ寺

画像
                       境内
                 写真の続きはココをクリック