両足院 (京都市東山区) 建仁寺塔頭

京都市東山区祇園花街の南にある建仁寺塔頭・両足院の特別公開を機に
冬の探索を試みてみた。京都の冬にしては穏やかな陽が降り注ぐ日となり、
冬景色らしくない風景に出会った。
表門から玄関へのアプローチも禅寺らしく白砂と敷石の見事なコンビネーション
を見せている。

1350年代に龍山徳見禅師が開創した知足院が始まりとなり、1428年
中国渡来人・林浄因の孫・文林寿郁が知足院の徒弟院として両足院を開き、
天文年間の火災後知足院と両足院を合体し、両足院となっている。
両足院では龍山徳見を開山としている。

方丈(本堂)南には杉苔の枯山水庭園、東には杉苔の池泉観賞式庭園、
書院と方丈に囲まれた北側に池泉回遊式庭園が展開する。
この北側の書院庭園には<半夏生>があり、梅雨の時期には見事な白景色を
見せるそうだ。<梅雨時期に特別公開あり>

(1)両足院(りょうそくいん) 
(2)住所:京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町591
(3)宗派:臨済宗建仁寺派大本山建仁寺塔頭
(4)開山:龍山徳見 (5)開創:1350年代 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)文化財
  三教図:重要文化財 15世紀 伝如拙筆
  水辺童子図襖:長谷川等伯筆
  竹林七賢図屏風:長谷川等伯筆 1607年
  雪梅雄鶏図:伊藤若冲筆
 など
2)毘沙門天立像:像高7cm 鞍馬寺毘沙門天像の胎内仏といわれている。
3)書院庭園:府指定名勝 池泉回遊式庭園
4)饅頭ゆかりの寺:林浄因が初めて饅頭を日本に持ち込んだ

画像
                       表門
                 写真の続きはココをクリック