宝鏡寺 <人形寺>(京都市上京区) 尼門跡

京都市上京区にある宝鏡寺は、応安年間(1368~75年)に光厳天皇皇女・
恵厳禅尼が景愛寺の子院・建福尼寺に聖観音を祀って宝鏡寺として開創
したのが始まりである。
景愛寺は当時尼五山の筆頭で無外如大禅尼によって1277年開創されている
名刹であったが1498年焼失し再興されなかった。
宝鏡寺はその景愛寺の法燈を引き継いで今日に至っている。

1644年後水尾天皇の皇女が入寺して以後尼門跡(比丘尼御所)として
明治維新まで続き、百々御所と呼ばれた。

1957年から人形展を春・秋と一般公開し、また秋に人形供養が行われ
<人形寺>と呼ばれるようになった。

尼門跡寺院は現在、京都10ヶ寺、奈良3ヶ寺、滋賀県1ヶ寺がのこっている。
尼門跡の説明は<光照院門跡>参照

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:宝鏡寺(ほうきょうじ)<別称:百々御所、人形寺> 
(2)住所:京都市上京区寺之内通堀川東入百々町547
(3)山号:西山 (4)宗派:臨済宗系単立
(5)開基:華林宮恵厳禅尼 (6)開創:1368~75年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)市指定文化財の伽藍
  書院:1798年  本堂:1830年  使者の間:1830年
  玄関:1830年  阿弥陀堂:1847年 表門:江戸時代末期
2)通常非公開であるが春・秋に人形展

画像
                      人形塚
                 写真の続きはココをクリック