安国寺 (大分県国東市) 豊後安国寺

大分県国東市国東町にある安国寺は、1394年絶海中津禅師によって
開創されたと伝えられている。
1338年頃足利尊氏・直義兄弟が夢窓国師の意を受けて、南北朝争乱の
犠牲者の霊を弔うために全国66ヶ国・2島の68ヶ所に安国寺・利生塔を
建立することを発願した。
1338年から建立が始まり、豊後安国寺は68番目の最後に建立されたと
伝えられているが、実際はもっと早く建立されていたのではないかと
考えられている。

茅葺の山門が豊後安国寺を物語るシンボルのように見える。
近くには弥生~古墳時代の安国寺集落遺跡もある。

<大分県のお寺一覧>参照

(1)寺名:安国寺(あんこくじ)<別称:豊後安国寺>
(2)住所:大分県国東市国東町安国寺2245
(3)山号:太陽山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:絶海中津 (6)開創:1394年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)文化財
  足利尊氏坐像:県指定文化財 室町時代 京都山科の地蔵寺(廃寺)から移座
  地蔵菩薩立像:県指定文化財 室町時代 地蔵寺から移座
  石風呂:市指定文化財 室町時代
2)参考
  安国寺集落遺跡:国指定史跡 弥生~古墳時代

画像
                       山門
                写真の続きはココをクリック