長安寺 (大分県豊後高田市) 国東六郷満山霊場第8番

大分県豊後高田市の屋山(543m)中腹にある長安寺は、718年伝説上の
僧・仁聞菩薩によって開創されたと伝えられているが詳細は不詳である。
平安時代末期には六郷山の山岳宗教の中核的な存在であったと考えられている。

鎌倉時代に入ると六郷山の100以上の寺院を統括する<惣山>としての
地位を占めている。
南北朝・室町時代には衰退するが、桃山時代に屋山城主の支援を受けて
復活している。

なんと言っても<太郎天二童子像>が非常に珍しい仏像で、このお寺を
知らしめている。

<大分県のお寺一覧>参照

(1)寺名:長安寺(ちょうあんじ) (2)住所:大分県豊後高田市加礼川635
(3)山号:金剛山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:仁聞菩薩 (6)開創:718年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)国東六郷満山霊場第8番
2)太郎天二童子像:重要文化財 1130年 太郎天像高162cm
            神像彫刻の特色を示し、六郷満山信仰を物語る
3)銅板法華経など:重要文化財 1141年
4)国東塔:県指定文化財
  宝篋印塔:市指定文化財
5)境内:県指定史跡

画像
                       本堂
続きの写真はココをクリック