笠森寺 (千葉県長南町) 坂東三十三観音霊場第31番

千葉県長南町の自然林に覆われた小高い観音山の山頂にある笠森寺(本坊は
山麓)は、784年伝教大師最澄が十一面観音を祀ったのが始まりと伝えられている。

山頂に建つ観音堂(本堂)は1028年に建立されたと言われているが、文禄年間
(1592~95年)に再建されたと考えられている。
構造上、非常に珍しい四方懸造り(舞台造り)で、日本ではこの観音堂が唯一の
ものと思われる。

観音山の<笠森寺自然林>は、創建当初から伐採禁止となっていると伝えられ、
国指定の天然記念物となっている。

坂東観音霊場でもあり、自然を愛でるハイカーも多く参拝者は多い。

(1)寺名:笠森寺(かさもりじ)<別称:笠森観音>
(2)住所:千葉県長南町笠森302
(3)山号:大悲山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:伝教大師最澄 (6)開創:784年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)坂東三十三観音霊場第31番
2)観音堂:重要文化財 文禄年間(1592~95年) 四方懸造り
  本坊表門:町指定文化財 1697年
3)その他文化財
  鋳銅唐草文釣燈籠2基:重要文化財 室町時代
  鰐口:県指定文化財 1427年
  孔雀文磬:県指定文化財 1426年 
  絵馬:町指定民俗文化財 江戸時代初期
4)笠森寺自然林:国指定天然記念物 
5)芭蕉句碑:五月雨にこの笠森をさしもぐさ

画像
                   <重文>観音堂
               続きの写真はココをクリック