福徳寺 (京都市右京区京北) 弓削道鏡ゆかりの寺

京都市右京区北部の京北にある福徳寺は、711年現在地の北部に行基によって
開創され、その後聖武天皇の勅願によって薬師七重塔が建立され弓削寺と
称されたと伝えられている。
弓削道鏡は孝謙天皇の勅願を受けて、伽藍を整備し福徳寺としている。
その後、いつしか弓削寺となっているが、盛衰を繰り返し、明治時代に
福徳寺として再興されている。
境内には弓削道鏡の供養塔が建っている。

福徳寺を有名にしている<かすみ桜>は推定樹齢380年と言われ、
京北の二大桜(常照皇寺の九重桜とともに)に数えられている。

(1)寺名:福徳寺(ふくとくじ) (2)住所:京都市右京区京北下中町寺ノ下15
(3)山号:玉泉山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:行基 (6)開創:711年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)重要文化財仏像
  本尊薬師如来坐像:藤原時代
  持国天立像:藤原時代
  増長天立像:藤原時代
2)市指定仏像
  薬師如来坐像など5体の仏像
3)かすみ桜:市指定天然記念物 推定樹齢380年
4)弓削道鏡供養塔

画像
                       山門
                  写真の続きはココをクリック