芝原善光寺 (大分県宇佐市) 豊前善光寺

大分県宇佐市にある芝原善光寺(正式名:善光寺)は、958年空也上人によって
開創されたと伝えられている。
空也上人は信濃善光寺に参籠した時、信濃善光寺から仏勅を受けて九州に下り
、宇佐八幡宮で神のお告げを受けて堂宇を建立し、信濃から持ってきた
一光三尊如来を祀ったと伝えられている。

芝原善光寺は、信濃善光寺・甲斐善光寺とともに日本三善光寺に数えられ、
豊前善光寺とも呼ばれている。

本堂は1250年に再建され、何度か修復を受けているが様式的には鎌倉時代
の姿を色濃く残している。
静寂に包まれた境内からは、善光寺といったイメージは無いが、信仰に支えられた
お寺の様子が窺える。

(1)寺名:善光寺(ぜんこうじ)<別称:芝原善光寺、豊前善光寺>
(2)住所:大分県宇佐市下時枝237
(3)山号:梵天山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:空也上人 (6)開創:958年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本堂:重要文化財 1250年
2)本尊銅造阿弥陀如来立像(一光三尊如来):県指定文化財 14世紀
3)その他文化財
  板碑:県指定文化財 1337年
  鬼瓦:県指定文化財 室町時代
  善光寺文書:市指定文化財
4)空也上人供養塔

画像
                    <重文>本堂
                 写真の続きはココをクリック