恵光寺 (京都市左京区) 鎌倉時代の石仏

京都市左京区の市原にある恵光寺は、950年頃智空尼が開いた草庵・慶寿庵
と17世紀末に空覚上人が開いた恵光寺が明治時代に合併したお寺である。
恵光寺は、小町寺と呼ばれる補陀洛寺の向い側にあるが、境内には
鎌倉時代の石仏が安置され、慶寿庵の歴史を残している。

(1)寺名:恵光寺(えこうじ) (2)住所:京都市左京区静市市原町1142
(3)山号:慈雲山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開山:智空尼 (6)開創:950年頃 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)石仏:鎌倉時代後期

画像
                      本堂(右)

画像
                       石仏