地蔵院 (京都市北区) 椿寺

京都市北区大将軍にある地蔵院は、726年行基によって伊丹市の昆陽池の
辺に開創されたと伝えられている。
1391年火災で焼失し、足利義満によって京都衣笠に移され、さらに豊臣秀吉
の京都改造計画により現在地に再興されたといわれる。

1587年北野大茶会の折、宿となった地蔵院に、加藤清正が朝鮮から持ち帰った
といわれる五色八重散椿を秀吉が寄進したといわれ、現在2代目の樹齢100年
の椿が花を咲かせている。
この椿に因んで<椿寺>と呼ばれている。

小さなお寺ではあるが、歴史的には由緒ある古刹といえよう。
また、観音堂の十一面観音は洛陽三十三所観音霊場となっている。

(1)寺名:地蔵院(じぞういん)<通称:椿寺>
(2)住所:京都市北区大将軍川端町2
(3)山号:昆陽山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:行基 (6)開創:726年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)洛陽三十三所観音霊場第30番
2)本尊阿弥陀如来坐像:五劫思惟阿弥陀

画像
                       全景
                 写真の続きはココをクリック