東北院 (京都市左京区) 和泉式部ゆかりの寺

京都市左京区の真如堂近くにある東北院は、1030年藤原道長の娘・上東門院
(藤原彰子)が道長の建立した法成寺内に開創し、上東門院の晩年には住居とも
なり、仕えていた和泉式部もその一堂に住まいしていたと伝えられている。
その後幾度となく火災に遭い、応仁の乱で廃寺同然となり、1559年弥阿上人
によって時宗の寺として再興されている。
1692年の火災により現在地に移り、今日に及んでいる。

往時の名門の寺としての面影は全くないが、境内に植えられている
和泉式部が植えた梅の何代目かの<軒端の梅>が往時を語っているかも。

(1)寺名:東北院(とうぼくいん) (2)住所:京都市左京区浄土寺真如町83
(3)山号:雲水山 (4)宗派:時宗
(5)開基:上東門院(藤原彰子) (6)開創:1030年 (7)本尊:弁財天
(8)その他
1)軒端の梅

画像
                       表門

画像
                      軒端の梅