美江寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市の市街地にある美江寺は、717年元正天皇の勅願により
現在の瑞穂市美江寺に勤操(空海の師といわれる)を開山として開創されたと
伝えられている。
その後大いに栄え、天正年間(1532~55年)に斎藤道三が現在地に移設
したと言われている。

本尊十一面観音は奈良時代後期の作で、脱活乾漆造りの唯一の十一面観音
として貴重な作例といわれる。
この本尊は<美江寺観音>と呼ばれ、深い信仰を受けている。

(1)寺名:美江寺(みえじ)<通称:美江寺観音>
(2)住所:岐阜県岐阜市美江寺町2-3
(3)山号:大日山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:勤操 (6)開創:717年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)本尊十一面観音立像:重要文化財 奈良時代後期 脱活乾漆造
                像高177cm
2)猩々面:市指定文化財 室町時代後期
3)美江寺まつり:3月第1日曜日

画像
                       遠景

画像
                       山門

画像
                       本堂