お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本覚寺 (京都市下京区) 源融別邸跡地にある寺

<<   作成日時 : 2010/06/08 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市下京区本塩竈町にある本覚寺は、1219年鎌倉幕府第2代将軍・
源実朝が暗殺され、実朝の正室・坊門信子が夫の菩提を弔うために1222年
建立した遍照心院(現在は南区・大通寺)の塔頭として開創されたと
伝えられている。
その後、寺地は転々としたが、1591年豊臣秀吉の京都改造計画により
現在地に移転し、今日に至っている。

本塩竈町は、嵯峨天皇の十二男で源氏物語の主人公・光源氏のモデルと
言われる源融(みなもとのとおる)の別邸・六条河原院があったといわれ、
奥州塩釜の風景を取り入れて造られた庭園があったことから名前が由来する。
その庭園を原型とする庭園が東本願寺・渉成園である。

(1)寺名:本覚寺(ほんかくじ)
(2)住所:京都市下京区冨小路通五条下ル本塩竈町5
(3)山号:佛性山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:團誉上人 (6)開基:坊門信子
(7)開創:1222年頃 (8)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本覚寺 (京都市下京区) 源融別邸跡地にある寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる