お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 春長寺 (京都市下京区) 信長の家臣・村井貞勝の菩提寺

<<   作成日時 : 2010/06/10 08:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市下京区寺町通にある春長寺は、1574年三条京極にあった村井貞勝
の邸内に開創され、1582年の本能寺の変で二条新御所で討ち死にした後、
1583年現在地に移し再建されている。
1788年天明の大火で全焼し、1802年再興され今日に至っている。

村井貞勝は早くから信長に重用され、1573年京都所司代になっている。

本堂の緩やかな曲線を描いた屋根に特徴がある。
お寺の周囲は繁華街で、喧騒の中にこじんまりと佇んでいる。

(1)寺名:春長寺(しゅんちょうじ)
(2)住所:京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町610−1
(3)山号:松林山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:村井貞勝 (6)開創:1574年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                       外観

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

春長寺 (京都市下京区) 信長の家臣・村井貞勝の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる