瑞光院 (京都市山科区) 赤穂浪士ゆかりの寺

京都市山科区安朱にある瑞光院は、1613年鳥取県の若桜初代藩主
山崎家盛が父・祖父の菩提を弔うために、現在の堀川通鞍馬口瑞光院前町
に開創され、1657年赤穂藩主浅野家の祈願所となった。
1701年浅野内匠頭が切腹後、供養塔が建てられ、1703年には赤穂浪士
の遺髪が埋葬され遺髪塔が建立された。
1962年都市計画により、現在の山科に移転した。

個人住宅と変わらない佇まいだけに見逃すこともあるだろう

(1)寺名:瑞光院(ずいこういん) (2)住所:京都市山科区安朱堂ノ後町19-2
(3)山号:紫雲山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開山:琢甫宗林 (6)開基:山崎家盛
(7)開創:1613年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)浅野内匠頭の供養塔、赤穂浪士の遺髪塔
2)通常非公開

画像
                       外観