安祥寺 (京都市山科区) 

京都市山科区北部を流れる山科疏水の辺にある安祥寺は、848年文徳天皇
の母・藤原順子によって藤原一族の鎮護寺として開創され、855年には国の
保護を受ける定額寺となった名刹である。
かっては、山上の上寺と山麓の下寺から成る大寺であったが、応仁の乱で
廃れ廃寺同然となった。
江戸時代、現在地に再興されたが、衰退は止めることもできず今日に至って
おり、静寂の中に本堂などが残っている。

<京都市伏見区、山科区、西京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:安祥寺(あんしょうじ) (2)住所:京都市山科区御陵平林町22
(3)山号:吉祥山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開山:恵運 (6)開基:藤原順子
(7)開創:848年 (8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)五智如来坐像:重要文化財 850年頃
2)通常非公開

画像
                     山科疏水

画像
                       山門

画像
                       境内