お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵王堂光福寺 (京都市南区) 久世六斎念仏発祥の地

<<   作成日時 : 2010/04/29 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市南区久世にある蔵王堂光福寺は、祇園祭の山伏山に祀られている
浄蔵貴所が955年平安京の裏鬼門にあたるこの地に開創した古刹である。
浄蔵貴所は傾いた八坂の塔を一晩で元に戻したといった伝承のある法力を
持った修験者で、役行者と並び称された。

<祇園祭 山伏山>を参照

蔵王堂光福寺の森<蔵王の森>は京都の七つの森の一つと言われている。
久世六斎念仏は国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年8月31日に
境内で念仏踊りが行われる。
京都七つの森<藤の森、糺の森、蔵王の森など>

現在でも森の中に堂宇が建ち、古の風景が想像できる。

(1)寺名:蔵王堂光福寺(ざおうどうほうふくじ)
(2)住所:京都市南区久世上久世町826
(3)山号:医王山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開山:浄蔵貴所 (6)開創:955年 (7)本尊:蔵王権現
(8)その他
1)久世六斎念仏:重要無形民俗文化財

画像
                      参道入口

画像
                      仁王門

画像
                       境内

画像
                     六斎念仏舞台

画像
                      蔵王堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蔵王堂光福寺 (京都市南区) 久世六斎念仏発祥の地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる