大谷祖廟 <東大谷>(京都市東山区) 東本願寺・親鸞聖人廟所

京都市東山区の通称・東大谷と呼ばれる大谷祖廟は、東本願寺の
飛地境内の堂舎で、親鸞聖人の廟所であり、また一般の墓地でもある。

1262年:親鸞聖人が善法房(現在の西本願寺・角坊)で亡くなる。
      鳥辺野の南で火葬後、北大谷に葬られる。
1272年:親鸞聖人の末娘覚信尼などが西吉水北辺(現在の崇泰院あたり)
      に遺骨を移し、六角堂の廟堂を造り親鸞影像を祀る。
      これが大谷廟堂であり、本願寺の始まりである。
1465年:比叡山の僧兵により廟堂は破壊されるが、親鸞廟所として続く。
1603年:知恩院の寺地拡張に伴い、徳川幕府の命により廟所は西大谷
      へ移る。
1639年:廟所が西本願寺に属す。
1670年:東本願寺は現在地に親鸞廟所を造り、1981年大谷祖廟とする。

<親鸞聖人ゆかりのお寺>参照

(1)寺名:大谷祖廟(おおたにそびょう)<通称:東大谷>
(2)住所:京都市東山区円山町477
(3)宗派:真宗大谷派東本願寺飛地境内堂舎
(4)開創:1272年 覚信尼
(5)本尊:阿弥陀如来

画像
                       参道

画像
                       総門

画像
                       廟所

画像
                       本堂