善願寺 (京都市伏見区醍醐) 腹帯地蔵

京都市伏見区醍醐にある善願寺は、730年頃光明皇后の発願により
行基が地蔵菩薩を本尊として開創したと伝えられているが詳細は不詳である。
その後、恵心僧都源信が長保年間(999~1004年)に再興し、大津の
聖衆来迎寺の末寺として天台宗のお寺となったと言われている。

平安時代末期には平重衡の夫人が本尊地蔵菩薩に安産祈願をしたと
伝わり、また本尊の腹部にある裳の結び目が腹帯に見えることから
<腹帯地蔵さん>と呼ばれ安産祈願の信仰が篤い。
本尊地蔵菩薩坐像は丈六の大仏で、平安時代末期の傑作である。

本堂天井絵は<雲龍図><飛天図><花卉図>と色鮮やかな色が
残る江戸時代後期の作品である。

境内にある樹齢千年とも言われる榧の木に、現代の仏師・西村公朝氏
によって不動尊が刻まれている。

(1)寺名:善願寺(ぜんがんじ) (3)住所:京都市伏見区醍醐南里町33
(3)山号:誓弘山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:行基 (6)開創:730年頃
(7)中興:恵心僧都源信 999~1004年 (8)本尊:地蔵菩薩
(9)その他
1)本尊地蔵菩薩坐像:重要文化財 1156年頃 像高268cm 定朝様
2)僧形坐像2躯:府指定文化財 中国唐時代 像高37cm
3)天井絵:江戸時代後期
4)安産祈願として有名

画像
                       全景

画像
                       本堂

画像
                    榧の木不動尊

画像
                     本堂天井絵

画像
                     本堂天井絵

画像
                     本堂天井絵