龍福寺 (滋賀県甲賀市) 近江湖南27名刹霊場

滋賀県甲賀市甲賀町にある龍福寺は、平安時代初期に比叡山延暦寺の
根本中堂建立に必要な用材調達のためにこの地を訪れた最澄が、悪疫に
苦しむ人々の平癒を祈願して薬師如来を祀ったのが始まりと伝えられている。

龍福寺は近江湖南27名刹霊場の一つであるが、<びわ湖百八霊場>
には湖南・湖東・湖北・湖西に各々27名刹があり、近江の古刹・名刹の
多さが京都・奈良に匹敵することを物語っている。

なんでもない小さなこの龍福寺にも<重文>薬師如来坐像が祀られ、
近江の隅々に古仏が存在する。

(1)寺名:龍福寺(りゅうふくじ)<別称:滝薬師> 
(2)住所:滋賀県甲賀市甲賀町滝856
(3)山号:向陽山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:伝教大師最澄 (6)開創:平安時代初期 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)本尊薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高151cm
2)滝薬師のえとえと:1月16日の祭り

画像
                       本堂