浄福寺 (京都市上京区) 赤門寺

京都市上京区の西陣にある浄福寺の開創については2説あり、
不明な点があるが、寺伝では①の説である。
①延暦年間(782~802年)に桓武天皇の勅願により興福寺の賢憬僧都
 が釈迦如来を安置して開創した
②896年宇多天皇の生母班子女王が開創し、官寺の待遇を受けた

いずれにしても平安時代には京都25大寺の一つに数えられる名刹であったと
言われる。
その後、再三火災に遭い寺地も転々としたと伝えられているが、1615年に
現在地に移転し、1733年以降現在の伽藍が整備された。
天明の大火(1788年)から免れた伽藍は当時の浄土宗伽藍の典型として、
京都市の文化財に指定されている。

境内は街中にあって広く、開放的な風景はお寺の本来の姿を現している。
東門が朱に塗られた目立つ門から<赤門寺>と呼ばれ、親しまれている。

(1)寺名:浄福寺(じょうふくじ)<通称名:赤門寺>
(2)住所:京都市上京区浄福寺通一条上ル笹屋2-601
(3)山号:恵照山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:賢憬 (6)開創:782~802年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)市指定文化財の伽藍
  本堂:1733年  釈迦堂:1756年  方丈:1764年
  書院:1734年  玄関:1734年  鐘楼:1628年
  南門:1657年  東門(赤門):江戸時代後期
2)その他文化財
  阿弥陀三尊二十五菩薩来迎図2幅:重要文化財 鎌倉時代
  十王像(画)10幅:重要文化財 1489年 土佐光信筆
3)上京区名木:クロガネモチ、ケヤキ
4)幼稚園経営

画像
                     東門(赤門)

画像
                       境内

画像
                       南門

画像
                       本堂

画像
                      釈迦堂

画像
                       宝蔵

画像
                      ケヤキ