願成寺 (滋賀県東近江市) 人魚伝説

滋賀県東近江市川合にある願成寺は聖徳太子によって
開創されたと伝えられ、本尊聖観音菩薩は太子の母の姿を映した
ものと伝えられている。
戦国時代織田信長の兵火に遭い壊滅したと言われたが、その後
曹洞宗の寺として再興されている。

昔、願成寺の庵に美しい尼僧が住んでいて、毎日願成寺へ通い
手伝いをしていたそうです。そこへ可愛い小姓がやってきて尼僧
のお供をするようになった。
村人はその内羨ましくなりその小姓を捕まえて見ると、その小姓は
人魚とわかりミイラにしてしまった。
その後、村人によってそのミイラを願成寺の観音堂に祀って供養した
と伝承される。
観音堂にはそのミイラが保存されているらしいが、非公開である。

日本書紀に最初に登場する人魚は近江の地であり、東近江には
人魚伝説が多いらしい。

(1)寺名:願成寺(がんじょうじ) (2)住所:滋賀県東近江市川合町950
(3)山号:玉尾山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:不詳 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)人魚伝説:人魚のミイラ
2)多くの石造物
  仏足石:1842年

画像
                       山門

画像
                      観音堂

画像
                       本堂

画像
                      仏足石