来迎院 (京都市東山区) 泉涌寺塔頭 

京都市東山区にある泉涌寺の塔頭来迎院は、806年弘法大師空海が
荒神像を祀ったのが始まりと伝えられているが、実質的には泉涌寺
第4世月翁律師に帰依した藤原信房が1218年に堂宇を建立した
のが開創と考えられている。
荒神堂に祀られている荒神像は<ゆな荒神>と呼ばれ、安産祈願の
信仰を集めている。

1701年大石内蔵助は来迎院の檀家となり、書院や茶室を設け
度々山科から訪れていたと言われ、大石ゆかりの遺品も伝わっている。

(1)寺名:来迎院(らいごういん) 
(2)住所:京都市東山区泉涌寺山内町33
(3)山号:明応山 (4)宗派:真言宗泉涌寺派総本山泉涌寺塔頭
(5)開山:月翁律師 (6)開基:藤原信房
(7)開創:1218年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)文化財
  荒神坐像:重要文化財 鎌倉時代 像高68cm
  護法神像5躯:重要文化財 鎌倉時代
2)庭園:池泉回遊式 <含翠庭>
3)独鈷水:弘法大師ゆかりの霊水

画像
                       表門

画像
                      本堂(左)

画像


画像


画像


画像
                      荒神堂

画像
                      含翠庭

画像
                     茶室含翠軒