もくもく探索日誌 2009年11月15日 京都大原の里

朝から晴れたり曇ったりの天候ではあったが、急遽紅葉狩りに
出かけることになった。
京都大原の里へ朝早く、滋賀県大津市から途中峠越えで鯖街道を
南に進路をとり、大原の里北端にある古知谷阿弥陀寺に8時過ぎに
到着したが、開門9時に少し待たされるスタートとなった。
すでに落葉が進み、紅葉の盛りには1週間遅すぎた感がある。
新緑の阿弥陀寺と比べながら600mの参道を登り、<古知谷カエデ>
の紅葉を期待したが残念ながら遅すぎた。
気温は12℃前後で冷え込みも厳しく、11月初旬に来るべきだろう。

<新緑の古知谷阿弥陀寺>参照

画像
                  古知谷阿弥陀寺山門


時刻も早いので~、人の多さを覚悟して三千院へ向う。
案の定駐車場も混みこみの状態であったが、なんとか滑り込みに
成功したが、この先が案じられる。
参道も行列状態ではあったが、今の季節の三千院は当然のことで
繁華街の紅葉狩りとなる。
矢張り1週間遅過ぎた紅葉の木々の下を人流れに乗って、まずは
法然上人の大原問答で知られる勝林院へと歩を進める。
一般的な阿弥陀如来と少し異なる顔を持った本尊はどこか親しみを
感じさせてくれる。

<深緑の勝林院>参照


庭園の宝泉院、実光院は人が多すぎて今日はパス。

<宝泉院>参照
<実光院>参照

三千院は人の流れに乗って拝観してみよう。
<国宝>阿弥陀三尊はいつ参拝してもホレボレする阿弥陀さん。
大和座りの脇侍はいつも迎えてくれる菩薩さん。
庭園の苔の中に埋もれるような童地蔵が人々の人気を一心に集め、
カメラの絶好の対象となっている。
観音堂を経て出口に向かうが、矢張り人の多さだけが印象に残る
拝観となり、もくもく探索どころではない。

<深緑の三千院>参照



来迎院の良忍上人廟を今まで参拝していないのに気付き、急遽来迎院
へと歩を進める。
さすがに来迎院まで足を延ばす人はほとんどいない。
ここまで来る人は寺好きか仏像好きか、あるいは音無しの滝へ更に
向う人だろう。
私は良忍上人の墓である三重石塔が今日の目的となった。
秋の大原はあまりにも人が多すぎ、新緑か深緑の大原を薦めたい。

<来迎院>参照