十念寺 (京都市上京区) 

京都市上京区の寺町通にある十念寺は、1431年後亀山天皇の皇子
真阿上人が足利将軍義教の支援を受けて開創した宝樹院が始まりと
伝えられている。
豊臣秀吉の京都改造計画により、1591年現在地に移転した。

本堂は、大阪市天王寺区の一心寺の住職でもあり建築家でもある
高口氏の設計により1993年に建立されたが、その姿は従来の
仏堂とは全く異なるモダンナ仏堂である。

墓地には、足利義教の墓や戦国時代の日本医学の中興
と言われる曲直瀬道三の墓などがある。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:十念寺(じゅうねんじ)
(2)住所:京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町13
(3)山号:華宮山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開山:真阿上人 (6)開基:足利義教
(7)開創:1431年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)仏鬼軍絵巻:重要文化財 16世紀

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       本堂