もくもく探索日誌 2009年9月27日 奈良生駒~王寺

生駒山系の山麓を北から南へ進路をとることにしたが、今日の
キーワードは石造物と聖徳太子ゆかりのお寺となった。
生駒には文化財に指定された石塔や石仏が数多くあり、以前にも
二度訪れているが、今日は私のデータベースに登録されている未訪問
のお寺に絞ってお参りした。
茶筅の里と呼ばれる高山町にある法楽寺を皮切りに南へ進路をとる。

画像
                      法楽寺

第2阪奈道路を越えてすぐの丘陵にある往生院は無住のお寺で、
進入路も判らず丘陵を一周してやっと見つけるが、住宅地の最奥の
墓地からの細い道を感を頼りに辿り着く。
もくもく探索では、時折こうした道探しから始まるが、これも<もくもく探索>
の楽しみであり、執念で歩き回る自分が滑稽でもある。
重要文化財に指定された宝篋印塔(ほうきょういんとう)に会えて
大満足。それまでの歩き疲れも吹っ飛ぶ。


すぐ近くの石仏寺を訪れたが、今日は法事で本尊の石造阿弥陀三尊
を外から眺めながらお参りするしかなく、まじかでお参りできず残念。
堂々とした石仏で、またの機会に来てみよう。


一気に南へ下り、聖徳太子ゆかりのお寺を訪れる。
まずは、信貴山の朝護孫子寺へ。矢張り多くの参拝者。
聖徳太子霊跡であり、毘沙門天信仰が篤く、虎とも縁があり
舞台造りの本堂から眺める景色も抜群。
それに、日本四大絵巻の一つ<国宝>信貴山縁起絵巻がなんと言っても
有名だが、霊宝館には複製が展示され本物は奈良国立博物館で保管
されているようだ。しかし、霊宝館(300円)へは入館。
お参りを済ませ、近くの食事処でコーヒーとケーキのセットで昼食。
そのチーズケーキが米粉の自家製で、これはイケル。


山を下り、聖徳太子霊跡の平隆寺を経て達磨寺と放光寺へ向かう。
共に、聖徳太子開基と伝承される小さなお寺であるが、現在は
太子の面影はほとんど感じられない風景となっている。
達磨寺の萩はすでに終わっているが、境内で子供たちが遊んでいる姿は
本来のお寺を見た思いである。