天寧寺 (秋田県仙北市) 

秋田県仙北市角館にある花場山の麓に建つ天寧寺は、
会津若松の城主であった蘆名氏が伊達政宗との戦いに敗れて、
1620年角館城主となった後、1624年頃会津若松の天寧寺から
山号・寺号を譲り受け、蘆名氏によって角館に開創された。
1653年蘆名氏が断絶すると地元の人たちによって天寧寺は
維持され、秋田在三カ寺と呼ばれる名刹となった。

<秋田在三カ寺:最禅寺(湯沢市)、補陀寺(秋田市)、天寧寺(仙北市)>

<東北のお寺一覧>参照

(1)寺名:天寧寺(てんねいじ) (2)住所:秋田県仙北市角館町上新町17
(3)山号:萬松山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:鉄心快牛 (6)開基:蘆名義勝
(7)開創:1624年頃 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)蘆名家墓所:市指定史跡
2)山門:市指定文化財 1791年

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                     蘆名氏墓所

画像
                    角館武家屋敷街