五劫院 (奈良県奈良市) 

奈良県奈良市の東大寺北辺にある五劫院は、1180年の南都焼打によって
ほとんど焼失した東大寺を再建した重源上人が宋から持ちかえったと伝承される
<重文>五劫思惟阿弥陀如来坐像を本尊として開創したと伝えられる。

また、江戸時代に大仏殿・大仏などを再建修理した公慶上人の墓もある。

<奈良市のお寺一覧>参照

(1)寺名:五劫院(ごこういん) (2)住所:奈良県奈良市北御門町24
(3)山号:思惟山 (4)宗派:華厳宗 東大寺末寺
(5)開基:重源上人 (6)開創:1200年初頭 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)伽藍
  本堂:県指定文化財 1624年
  山門:県指定文化財 1645年
2)本尊五劫思惟阿弥陀如来坐像:重要文化財 鎌倉時代 像高123cm 
     重源上人が持ち帰った原図をもとに日本で造像されたと推定されている

3)公慶上人墓:五輪石塔
4)石造見返り地蔵:1516年 像高152cm
  石造朝日地蔵:室町時代中期 像高152cm

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                     公慶上人墓

画像
               見返り地蔵(左)朝日地蔵(右)