海会寺 (大阪府堺市) <重文>本堂・庫裡

大阪府堺市の南宗寺に隣接している海会寺は、
もと開口神社(甲斐町)の隣に1351年開創され、その後荒廃・焼失
により江戸時代初期南宗寺住職の沢庵禅師の助力により南宗寺境内
に再興された。
重要文化財の一体型本堂・庫裡はこの時に建立されている珍しい
建築様式である。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:海会寺(かいえじ) 
(2)住所:大阪府堺市堺区南旅籠町東3-1-2
(3)山号:宿松山 (4)宗派:臨済宗東福寺派
(5)開山:乾峯士曇 (6)開基:洞院公賢
(7)開創:1351年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)本堂・庫裡:重要文化財 江戸時代初期 本堂と庫裏が一体
  門廊:重要文化財 江戸時代初期
2)牡丹花詩集:市指定文化財 1356年

画像
                       全景

画像
                    <重文>庫裡

画像
                    <重文>庫裡
                <奥に本堂が繋がる>

画像
                    <重文>門廊