赤野井別院 (滋賀県守山市) 蓮如上人ゆかりの寺

滋賀県守山市にある赤野井別院は西本願寺赤野井西別院と
東本願寺赤野井東別院の2院があり、本願寺派と真宗大谷派
の別院となっている。
1465年延暦寺によって大谷本願寺が破壊され、蓮如は近江に
逃れ堅田・金森・赤野井などを拠点に真宗の布教に努めた。
赤野井別院は蓮如の六男蓮淳によって開創されたと伝えられ、
江戸時代以降に東西の別院に分かれている。

<滋賀県湖南のお寺一覧>参照

(1)寺名:赤野井別院 (2)住所:滋賀県守山市赤野井町
(3)山号:なし (4)宗派:浄土真宗本願寺派、真宗大谷派
(5)開山:蓮淳 (6)開創:1466年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)光明本尊:町指定文化財 室町時代 西別院

画像
                     西別院本堂

画像
                     西別院太鼓楼

画像
                     東別院本堂

画像
                     東別院太鼓楼