雲迎寺 (滋賀県日野町) 日野さつき寺

滋賀県日野町にある雲迎寺は、12世紀天台宗の僧了空上人によって
開創され、宝殿岳にあった綿向宝殿権現の神宮寺であったと伝えられて
いる。中世以降蒲生氏の庇護を受けて音羽城の支城として城郭様の
様式を備えたが、蒲生氏郷が伊勢松阪に移って以降衰えたと言われる。
1683年になって大徳上人が再興し、浄土宗の雲迎寺となった。

日野町のさつき寺と呼ばれるサツキは、江戸時代初期に植栽された
推定樹齢380年以上の老樹をもとに増殖され、1000株以上の
多きになっている。
この近辺では甲賀市水口の大池寺と並ぶサツキの名所である。

<滋賀県湖東のお寺一覧>参照

(1)寺名:雲迎寺(うんこうじ) (2)住所:滋賀県日野町音羽261
(3)山号:法林山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:了空上人 (6)開創:12世紀 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)宝篋印塔:町指定文化財 1349年

<サツキの開花初期に訪問>

画像
                       全景

画像
                       参道

画像
                       本堂

画像
                     さつき庭園

画像
                     さつき庭園

画像
                     さつき庭園

画像
                      宝篋印塔