もくもく探索日誌 2009年6月8日 倉敷~赤穂

倉敷にもう一泊したことで、以前訪れて印象に残ったお寺や未訪問
のお寺をお参りすることにした。
まず訪れたのは、岡山県で随一の安産祈願の信仰が篤い不洗観音寺
(あらわずかんのんじ)に朝8時過ぎに到着したので、4人の信者さん
以外人影なし。祈願する人が多いのであろうと想像できる伽藍や境内
の立派なこと。


次に訪れた蓮台寺も厄除け祈願信仰の篤い古刹で、以前は神仏習合
の瑜伽大権現として古くからの信仰を受けていた。
現在は、蓮台寺と由加神社に分かれているが、境内は混在している。
どちらかと言えば、両者の仲は・・・・。権現さんも泣いておられるのでは。


矢張り神仏習合のお寺・神社であった五流尊瀧院と熊野神社へ向かう。
修験道のお寺で、典型的な神仏習合である。
ここも境内が混在しており、明治時代の神仏分離が過酷なものであったか
想像に難くない。

岡山市内へ移動し、外国人修行僧の多い禅寺曹源寺へと向かう。
このお寺は岡山藩主池田家の菩提寺でもあり、池泉回遊式の庭園が
すばらしい典型的な禅寺である。
今回は外国人修行僧を見かけなかったが、禅堂からは警策の音が
静かな境内に響いていた。



ここから県道を牛窓に向かうが、のんびりした風景が展開し地方の
お寺探索の醍醐味でもある。


古刹の弘法寺を経て、竹久夢二ゆかりのお寺静円寺へと向かう。
1884年邑久町で生まれた竹久夢二は16歳までこの地で育ち、
静円寺でよく遊び、その頃を思い出す作品が残っている。


岡山ブルーラインを爽快に走り抜け、備前市の名刹正楽寺に向かう。
静かな境内に落ち着いた伽藍が名刹の雰囲気を漂わせる。


今日最後の赤穂に向かう。
赤穂藩主浅野家の菩提寺であり、赤穂義士の第二の墓所がある
花岳寺は赤穂を訪れる観光客のルートにもなっている。