正法寺 (広島県三原市) 三原城主の祈願所

広島県三原市本町の路地奥にある正法寺は、開創については不詳で
あるが、小早川隆景が1567年三原城を築城したのにともない、
本郷沼田から三原に移転してきた。
江戸時代三原城主浅野氏の祈願所として三原4ヶ寺の一つに数えられ、
1890年現在地に移転し今日に至る。

(1)寺名:正法寺(しょうぼうじ) (2)住所:広島県三原市本町3-4-1
(3)山号:亀甲山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:不詳 (6)本尊:弘法大師
(7)その他
1)文化財
  大般若経600巻:重要文化財 1284~87年
  地蔵菩薩立像:市指定文化財 藤原時代 像高86cm

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      護摩堂