不動院 <安芸安国寺>(広島県広島市) 禅宗様式の<国宝>金堂

広島市にある不動院は、開創は不詳であるが本尊の時代から
推定して平安時代には創建されていたと考えられている。
その後、南北朝時代に足利尊氏の発願によって全国68ヶ所に設立された
安国寺の一つとして安芸安国寺となった。
戦国時代には荒廃したが、毛利氏の外交僧安国寺恵瓊によって天正年間
に再興され、この時山口の凌雲寺から仏殿を移築し金堂としている。
江戸時代に入り、広島藩主から篤い庇護を受け大いに栄え、江戸時代初期
に禅宗から真言宗へと改宗している。

1945年の広島原爆投下によっても幸い倒壊をまぬがれている。
お寺は開放的で、金堂の周りにも柵などなく自由にお参りできる。
これだけの国宝建物だけに、大いに栄えて欲しいものだ。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:不動院<別名:安芸安国寺> 
(2)住所:広島県広島市東区牛田新町3-4-9
(3)山号:新日山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)中興:安国寺恵瓊 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)主な伽藍
  金堂:国宝 1540年頃 禅宗様式仏殿 山口の凌雲寺から移築
  楼門:重要文化財 1594年頃
  鐘楼:重要文化財 1433年頃
  不動堂
2)その他文化財
  本尊薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高140cm
  金剛力士立像:県指定文化財 1294年 像高280cm
  梵鐘:重要文化財 朝鮮鐘 高麗初期
  不動院文書:県指定文化財 1500~1600年代
  両界曼荼羅:市指定文化財 室町時代
  聖一国師坐像:市指定文化財 室町時代
  無準禅師坐像:市指定文化財 室町時代
3)安国寺恵瓊、福島正則の墓

画像
                    <国宝>金堂

画像
                       参道

画像
                    <重文>楼門

画像
                       境内

画像
                    <国宝>金堂

画像
                    <国宝>金堂

画像
                    <重文>鐘楼

画像
                    <重文>鐘楼

画像
                      不動堂

画像
                      法起菩薩