円通寺 (広島県庄原市) 禅宗様式の<重文>本堂

広島県庄原市の甲山中腹にある円通寺は、天平年間行基が千手観音などを
祀った千手堂が始まりと伝えるが、1324年甲山城城主山内首藤通資が城域内に
菩提寺として円通寺を開創した。
1532年山内直通が再建した禅宗様式の本堂が今日まで維持され、
甲山城は山内氏が毛利氏の支配下になる1591年まで続いた。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:円通寺 (2)住所:広島県庄原市本郷町233
(3)山号:慈高山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:玉洲禅師 (6)開基:山内通資
(7)開創:1324年 (8)本尊:千手観音
(9)その他
1)本堂・厨子:重要文化財 1532年 禅宗様式
2)天井絵:雲龍図
3)甲山城跡:県指定史跡

画像
                       境内

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                     本堂天井絵