北山別院 (京都市左京区) 親鸞聖人ゆかりの地

京都市左京区の一乗寺にある北山別院は、西本願寺の別院で、
延暦寺の一坊養源庵が始まりと伝えられている。
親鸞聖人が1201年比叡山から六角堂へ百日参籠された時、
この養源庵で体を清め通ったといわれている。
(一説には、1201年には比叡山と決別して下山し、百日参籠した)
その聖水遺跡が現在も境内に残されている。
1680年西本願寺の北山別院となる。

(1)寺名:北山別院<正式名:本願寺北山別院>
(2)住所:京都市左京区一乗寺薬師堂町29
(3)山号:聖水山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)中興:1680年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)聖水遺跡

画像
                      参道

画像
                      本堂

画像
                     聖水遺跡

画像
                     説明札